淡路島ゲットの旅

本当は京都に行こうと思っていたのですが、この間も行って正直多少食傷気味だったため、淡路島をゲットしてきました。



明石まで山陽線で行ったあと、ジェノバラインという高速艇で淡路島の岩屋港へ。淡路ゲットです。
普通の漁村でした…。でもやっぱり同じ瀬戸内海の島だからなのか、何か田舎の因島に似たところがあって、ちょっとノスタルジックな気分になりました。

岩屋港からまたジェノバラインで明石まで戻ったあと、諦めかけていた加古川線の夢が再び頭をもたげ…結局行ってしまいました。明石から山陽線で加古川まで出て乗り換え。加古川線は、まず構内に加古川線専用の改札のようなものがあってビックリ。多分ICOCAが使えないのでそのチェック用かな。モバイルSuicaを普通のきっぶに発行しなおしてもらいました。駅員に何処までですかと聞かれ、大阪までです、と言ったら、は?という顔をされました。当たり前です。

加古川線は一両編成のワンマン運転。途中の厄神までは車掌らしき人も乗っていましたが。粟生まではかなりひとも乗っていて、とくに厄神までは昼間の山手線くらいは乗ってましたよ。三分の一くらい立ってたもの。

厄神から先が勝負どころ。小野/加東は普通に取れるんですが、上手くすれば三木も取れるんです。三木市は通ってないんですが、川沿いの線路の川向かいが一瞬三木市になるので、うまくいけばそちら側で位置登録できる、というわけです。

もし取れれば兵庫県が残り2つになるため、途中の粟生から北条鉄道で最後の加西を取りに行って一気に兵庫県リーチと思いましたが、やっぱり取れず。三木と加西は後日の中国道にお預けです。

加古川線は加古川〜谷川を一気通貫で走る電車は一日一本しかないため、西脇市で乗り換え。西脇市〜谷川は3時間に一本しかない超ローカル線ですが、それなりに乗ってるひとはいるんですね。とはいえ総勢6名でしたが。

谷川から福知山線で大阪まで。加古川線、福知山線と紅葉した山々といい感じな田舎の風景が眺められてすごく楽しかったです。惜しむらくはかなり早い段階でiPhoneの電源が怪しくなり、しかも悪いことにiPhoneの携帯充電器を忘れてきていたのでTwitterどころか写真もろくに撮れなかったことでしょうか。

大阪についた時は18時半くらいだったのですが、ホテルが地下鉄の中津だったので、かなり疲れてはいましたが、残している大阪、奈良のスタンプを埋めに行きました。

先ずは地下鉄中央線で朝汐橋まで出て大阪港をゲット。そこから逆方向に乗り換え、近鉄けいはんな線にそのまま乗り入れて生駒駅まで行き、生駒ゲット。これで奈良県制覇です。ついでに生駒駅で茶筅、手前の駅で花園の芝をゲット。そこからまた逆方向に乗り、市営地下鉄に戻って本町で御堂筋線に乗り換え、なんば駅で大阪市なんば駅周辺をゲット。これで大阪府制覇です。ついでに二人のぜんざいもゲット。やっぱり大阪府の最後のスタンプばなんばになりました。東京で言うと新宿区が最後みたいなもの?別にわざとやったわけじゃないのに、どうしてこうなった。

これで残りは兵庫県と和歌山県。兵庫山間部、兵庫日本海側、和歌山、残り3日コースかな。近日中に近畿制覇したい!


たこフェリーの残骸。ちょっと悲しい。
d0205698_1453394.jpg

d0205698_145348.jpg

瀬戸大橋。明石ルートは初めて…って見ただけだけどさ。
d0205698_1453450.jpg

加古川線。なんで構内に改札が?
d0205698_1453469.jpg

北条鉄道。乗らなかったごめん
d0205698_145353.jpg

[PR]
by akicolo | 2010-11-30 13:07 | スタンプget
<< スタンプ状況:大阪 フィールドの改造 >>