北東北の海を満喫する旅 その1

残ったスタンプは、東京の離島を除くと、岩手の5つ、沿岸部の大船渡、陸前高田、釜石、宮古、久慈。
東日本大震災において津波の被害が甚大であり、行くのをためらっていた場所です。

最後まで残していたのですが、1年がたち、八戸線が復旧し、三陸鉄道も一部復旧し、目をそらしているより現地で消費することのほうが有用なのではないかと思い立ったことで、ついに重い腰を上げました。



宮城・岩手の沿岸部は鉄道路線もズタズタで、まずどうやって現地入りするかというのが問題でした。そこで見つけたのが高速バス。岩手県交通の「けせんライナー」が池袋から気仙沼、陸前高田、大船渡を経由して釜石を結んでいます。現在東北本線から釜石線で釜石、山田線で宮古、八戸線で久慈には行けますが陸前高田と大船渡は鉄道が全く行っていない状況のため、まさにベスト!!

私は鉄道メインのため高速バスはほとんど使わないので、ちょっと緊張していたのですが・・・よく考えれば去年の四国~九州の移動も高速バスを使ったのを思い出し、スチャッと予約。

夜23:00、池袋発です。
東北道を北上し、一ノ関を経由して、気仙沼、大船渡、陸前高田を通ります。寝すごさないで済んだのは良かったのですが・・・。風景はコメントしづらいですね・・・。

沿岸部は本当になにもない。建物の土台だけが残っているか、もしくは瓦礫の山。
d0205698_14361579.jpg

d0205698_14362896.jpg


8:00に釜石着。釜石駅はすこし内陸にあるせいか、とりあえず無事だったようです。今回の目的は「消費!」だったので、近くの市場でお土産の三陸ワカメを買い込み、さらに食堂に入って朝も早くからウニほたて丼を頂きます。おなかいっぱい!!!
d0205698_14364444.jpg

本来三陸縦貫をするなら釜石からJR山田線で宮古に向かうのですが、山田線は宮古~釜石間で運休、復旧の見込み立たず。8:50釜石駅前発、岩手県交通の路線バスで道の駅やまだに向かいます。
d0205698_14365558.jpg

大槌町は町長もお亡くなりになったほどの被害で、よく報道もされていましたが、実際見ると現実味がないほどの酷さでした。
d0205698_1437525.jpg

d0205698_14371328.jpg

9:38道の駅やまだ着。間をおかず9:48発の岩手県北交通のバスに乗り換え。
d0205698_14372466.jpg

10:51宮古駅前着。宮古駅も多少内陸であったため、宮古駅前は割合通常通り。
宮古でも市場でお土産をと思ったのですが、早くも山盛りでお土産というのもなんなので、代わりに市場の食堂でわかめラーメンをいただきました。

11:45発、三陸鉄道。宮古~小本間は一部復旧しているのです!
d0205698_14374447.jpg

田老駅付近。田老の大堤防を思い出すと切なくなりますね。結局、人間の想像力なんて自然の前には無力なんですよ。自然の力をパーフェクトに想定しようなんてその発想のほうがおこがましいと思うんですがね。
d0205698_1438877.jpg

12:18小本駅着。ここからまた岩手県北交通の代行バスで、一部復旧している田野畑駅に向かいます。
12:25発の代行バス、12:55田野畑駅着。三陸鉄道の発車まで少し時間があるので散策することに。

駅の近くも津波がきたようです。ひっきりなしにトラックが出入りして復旧工事が進められていました。
週楽の様子を見ると、どの高さまで津波が来たのかすぐわかります。
d0205698_1438417.jpg

水門。遠目に見ると車両が打ち上げられているように見えてびっくりしましたが、車両のようにペイントされているだけでした。
d0205698_14525859.jpg

駅舎でコーヒーを頂いたりしてくつろいだ後、13:35発の三陸鉄道。駅舎には何人かいたのでみんな乗るのかと思いきや、乗客は私一人・・・。
d0205698_14391273.jpg

運転手さんがいろいろ観光情報をアナウンスしてくれたり、橋の上に一時停車してくれたりするのですが・・・乗客私一人。私なんかのためにすみません・・・。
d0205698_14393584.jpg

d0205698_14395074.jpg

陸中野田付近。ここも大量の瓦礫が焼却もできないままうず高く積まれています。
d0205698_1440462.jpg

本来堤防と防風林で見えなかったはずの海は津波に浚われ、海が見渡せる風景に一変。
d0205698_14402599.jpg

もちろん田んぼではありません。
d0205698_14404271.jpg

14:28久慈着。14:46発の八戸線発までには結構時間に余裕があったはずが、唯一のみどりの窓口を一人のおばちゃんが延々と占拠(なぜ、自分が何をどうしたいのかを整理してから窓口に行かないんですかね?)してくれたため、最終的には窓口に割り込ませてもらって発券する羽目に・・・なんで駆け込み乗車しなきゃならないのさ。
d0205698_14405646.jpg

八戸線は、正直侮っていました。こんなに景色のいい路線だったとは。海の景色という意味では私がこれまで乗った路線でも3本の指に入る!
d0205698_14411355.jpg

d0205698_14412857.jpg

d0205698_14414146.jpg

16:44八戸着。時間があったので、降りて観光センターを物色!南部せんべい(岩手じゃん)に、下北ワインの白と青森ワインのロゼを購入!!バンバン消費するよ!!

17:29八戸発の青い森鉄道。青い森鉄道のモーリー、相変わらずかわいい!かわいすぎる!グッズ買いたかったんですけど、どこでも売ってるかと思ったら意外に少なくて、ここで行った八戸の観光センター以外だと青森の観光センター(駅からちょい遠い)しかなかったらしい・・・。なんで八戸で買っておかなかったんだろう。
d0205698_1442521.jpg

18:38浅虫温泉着。浅虫温泉は正直さびれた感が・・・・ホテルのお風呂もちょい設備的にはいまいち(内風呂から露天風呂まで一旦浴衣を着て移動しなければいけない、露天風呂からは空しか見えない)だったのだけれど、お湯は良かったし、ごはんも美味しかったし、お部屋からは海が一望できて夕焼けがきれいだったし、全体的にはとっても満足!
d0205698_14421695.jpg

[PR]
by akicolo | 2012-05-07 22:35 | スタンプget
<< 北東北の海を満喫する旅 その2 だらだら。 >>